ブログを始めた原点とは何か。

日記・戯言

ここのところ、ブログが苦手になってる。
書くのも、見るのも億劫だ。

仕事で疲れてるとか、生活に余裕がないとか
原因は多分色々あるのだけれど、ここまでブログを避けたくなったのは何故だろう。

思えば、アクセスアップしたい!や収入をあげたい!と息を巻いたは良いものの
ブログは育てるコンテンツ。
なかなかすぐに成果は出ないだろう。

普段書いてない人が頑張って書き続けるだけでもしんどいのに
初めはなかなか成果が出ないから余計に落ち込む。

私はまさにそれで、書いたのに見てもらえない。
反応がない、アクセスが増えない、落ち込む…書きたくない……。
という連鎖に立ち入ってしまった。

そこで、しばらく更新しない時間を長く取ることにしていた。
自分は何のためにブログを始めたんだっけ…とぼんやりと思いやる。

あ、私友達欲しくてブログ始めたんだった。
目的達成してるじゃん!(一方的に友達と思ってる)

そうなんです。
最初は、旦那ちゃんにはブログ仲間がいていいなぁ、ブログやったら私も同じ世界が見られるかな?と思って始めたんでした。

子どもの頃から引っ越し慣れしてるとはいえ、単身で東京に出てきて知り合いもいない中、やっぱり寂しかったんでしょうね。
旦那ちゃんを介していろいろな人を紹介していただき、ブログでも繋がるようになり、結婚パーティの時はほとんど分からなかった人たちも今では交流が普通にある仲になっている。
ひとりで初めて行ったのは、先日3周年を迎えたKitchen Beeの「もぐもぐ会」でしたね。

今日は旦那ちゃんいないのー?なんて言われつつも、「私」と話してくれるみなさんがとても優しくて楽しかったのを覚えています。

なんだ、ちゃんと友達できてるじゃん。
友達と繋がるために始めたブログ。

これからどうしていこうか、まだもう少し考えよう。