お子様必見?!100円ショップで見た上手なおねだりの仕方ベスト3!

100円ショップ

100円ショップには、家族づれもたくさん訪れます。

中にはどうしても欲しい商品を、あの手この手でねだるお子様もいます。

今回は、さゆかなが見たなかでも成功率の高いねだり方をご紹介します。

スポンサーリンク

お子様必見?!100円ショップで見た上手なおねだりの仕方ベスト3!

こんにちは、さゆかなです。

100円ショップではほぼ毎日、お子様に会います。

お子様って実は結構頭がいいんです、いつも感心してます。

お子様VS母親の対立

欲しい商品がある時、お子様は母親におねだりします。

母親も、それが本当に必要な品なら文句なく買ってくれるでしょう。

しかし、おもちゃや使い所がわからない品を持って来ては、返して来なさいと怒鳴られている子もいます。

そんな時、買ってもらいたいがゆえのお子様の行動は素晴らしいです。

これはNG!泣きわめく行為

小さなお子様に一番多いのは、泣きわめく行為です。

大きな声で泣き、時には暴れ、この世の終わりかと思われるほどの力で訴えます。

しかし、泣きわめき出したお子様に対して母親が取る手段は1つ。

さっさとその場を去ることです。

泣きわめくお子様を連れて、さっさと会計してさっさとお帰りになります。

大声で泣く子どもは人目を引きますし、親にも譲れないラインがあるので、泣きわめく行為はまったく効果がないのです。

お子様が取る上手なおねだり方法ベスト3

第3位…買う直前にカゴに入れる

成功率40%

レジの順番待ちをしている間はそっと手に持っていた商品を、購入直前にカゴに入れる行為です。

レジを通してる時に、こんなの買ったっけ?と思わせるほどさりげない子もいれば

後ろも並んでるし戻してくるのも面倒だから買うか、と母親が諦めるのを待つ子もいます。

場合によっては、その場で突っ返されたり、買ってはもらえたもののその後の母親の機嫌が悪くなったりするので、あまりオススメはできません。

第2位…母親以外の人に頼む

成功率60%

これは家族で来ている時に有効な手段です。

普段はあまり一緒に買い物に来ない、父親や祖父母に「これ買って」と頼めばイチコロです。

なんなら2つくらい買ってもらえたりします。

母親が良くない顔をしても、まぁまぁ100円なんだしで済みます。

注意する点としては、母親の方が立場が上の家庭では、父親ともども怒られる場合があります。

第1位…交換条件を提示する

成功率80%

なんだかんだ何も譲らずに買ってもらうのは難しいです。

今日のおやつ我慢するから!や、宿題やるから!など、さまざまな交換条件を提示して買ってもらいましょう。

特に有効なのは、おやつの我慢とお風呂や机周りの掃除ですね。

注意点としては、一度約束を破っていると「この間もそう言ってやらなかったでしょ!」と一蹴されるので、約束は守りましょう。

お子様の戦いは続く

なかなか欲しいものを手に入れるのは大変です。

普段は節約に努め、ここぞと言うタイミングでねだるのが一番ですが、そうは言っても今欲しいのがお子様です。

これからもあの手この手で母親に上手におねだりしてください。