持ちつ持たれつの夏休み明け

日記・戯言

雨ばかりで憂鬱な、さゆかなです。

雨は嫌いじゃないですが、こう続くと身体が重くなって来ます。

洗濯物も干せなくて、せっせとコインランドリーに運んで乾かして来ました。

さて、遅めに取った夏休み4日間もあっという間に終わり、今日は久しぶりの出社です。

きっと荷物は山積みになっていて、売り場はぐちゃぐちゃ。

とてもじゃないけど終わらないよ!!

という悲鳴に近い声を上げることにるに違いない。

そう思って、やや気持ちも重めに出社しました。

(余談ですが、この日はお金を下ろそうと思って出掛けたのに、通帳もカードも忘れるといううっかり行為のせいで、テンションはダダ下がりでした)

挨拶を終えて、売り場に行ってみると…

おや?荷物が思ってたより少ない…?

それどころか、いつもより少ない?

しかも売り場もそんなにぐちゃぐちゃしてないぞ?

これはきっと、誰かが代わりにやってくれたに違いない。

とりあえず私が休んだ日に出てた人に、誰か私のところ代わりにやってくれたんですね〜ありがとうございます〜と声を掛けると…

「あぁ、あそこはさゆかなさんの代わりに出てくれたMさんがやってくれてたよ〜」

神かな??!!

おかげで私の持ち場はいつも通りに終わりそう。

Mさんありがとう!!

連休明けで雨が降っててドジをして、落ち込んでたテンションが元に戻りました!!

よーし、がんばるぞー!!

「あ、そのMさんだけど土曜日休むらしいから、人数少ないけどさゆかなさんよろしくね」

が、がんばるぞー…。