もらったギフトを素直に受け取れるか

心の話

最近、こんな私でもギフトをいただくことがあります。
それはものだったり、お金だったり、時間だったり様々な形で送られてきますが、まだ上手に受け取ることができません。

スポンサーリンク

もらったギフトを素直に受け取れるか

こんにちは、さゆかなです。
先日のPolca支援誠にありがとうございました!
無事に、目標としていた1万円を越えて終了することができました。
皆さまのお力添えに感謝するばかりです。

ギフトをもらう時

ここのところ、様々なギフトを様々な形で贈っていただいています。
一年前までは、こんなにたくさんの人と出会えているなんて思ってなくて、おかげで毎日楽しいです。

そんななかで、ひとからいただいたギフトを素直に受け取ることができない自分がいることに気がつきました。
ネガティブな自分は、回数こそ減りましたが、まだ確実に自分の中に巣食っていて、こんな私が受け取っていいんだろうか、迷惑なんじゃないだろうか、とグルグル落ち込んでしまいます。

もちろんその反対に、くれるっていうんだから受け取ろう!そして私に必要がなくなったら誰かに贈ろう!という前向きな自分もいるのです。
でもやっぱり素直に受け取れないジレンマ。

受け取ろうとするとどうなる?

うまく受け取れない、というのはいただいたギフトが自分にとって不相応だと思ってしまうからです。
こんなに素敵なもの、大事なもの、まだ受け取れないわ。と拒否しようとします。

つまり、そのギフトをもらうだけの価値が自分にはない、と感じているのです。
残念ながら、これは一朝一夕で変えられる価値観ではないです。
昔は、もっと酷くて人から何かをもらうなんてとんでもない!でも私から与える時は全力です!という姿勢でした。
そうしてどんどんと人にギフトを送り続けた結果、自分は貧しくなってしまったのです。

今になってみれば、当時の私はギフトを受け取る姿勢がなかったのにもかかわらず、こんなに尽くしてるのにどうして誰も私を労ってくれないの?!と憤慨していました。
きっと周りは何かしらしようとしてくれていたのに、私が受け取れなかったんでしょうね。

ギフトを贈られる価値がある自分を認めよう

ギフトをうまく受け取れない、それは分かりました。
でも、ギフトを贈った側の気持ちを無視してはいけません。
うまく受け取れないのであればせめて、このギフトを贈られるだけの価値が自分にはある、とそう考えて見ることにしました。

同じように見えるかもしれませんが、いただいたギフトをうまく使えなくても、持て余しても、とりあえず受け取っておいて、こんな素晴らしいものを贈ってもらえるだけの価値が自分にはあるんだ!という自信にしていきます。

そうしたらいつか、ギフトを受け取って使いこなすことができる、そんな風に感じるのです。

心の話

Posted by sayukana