映画「恋は雨上がりのように」を見てきました。大人の恋愛映画!

日記・戯言, 映画の話

5月25日に公開になりました映画「恋は雨上がりのように」
主演は小松菜奈さんと大泉洋さんです。
よくある高校生と大人の恋愛モノかよ…と思われがちですがこれはもっとビターな大人の恋愛映画でした。

スポンサーリンク

映画「恋は雨上がりのように」を見てきました。

こんにちは、さゆかなです。
久しぶりに映画館で邦画を見てきました。
アニメ以外の映画を見るのはいつ以来だろうと考えるくらいです。
今回は大好きな大泉洋さんが主演の映画が公開になったので早速見てきました。

あらすじ

陸上部のエースだった主人公の橘あきら(小松菜奈)は、アキレス腱の怪我により突然夢を断たれてしまう。そんな時、たまたま入ったファミレスの店長、近藤(大泉洋)に優しく声をかけてもらったことがきっかけでそのファミレスでバイトを始めることになる。
店長に好意を持ちアタックするものの、17歳のまっすぐな想いをそのまま受け取るわけにはいかない45歳のバツイチ子持ちの冴えない店長。

これはそんな2人のちょっとした雨宿りのお話。

感想

まずストーリーとしては、最近多かった女子高生と大人の恋愛物語に思われがちだが、これは大人が真剣に女子高生の想いを受け止めたらこうなる、という非常に愚直な作品だと思う。
主人公のひたむきな好意をぶつけられても、45歳という自身の立場を考えて簡単には答えられない大人の難しさ。そして最終的に店長が出す答えも私はすごく共感できた。
また、あきらも店長もお互いの友との関係で先へ進むことになるのだが17歳には17歳の、45歳には45歳の付き合い方があるようにそれぞれの2人の間に流れている空気感がわかるなぁ…としみじみした。

役者の演技で見ると、スクリーンにいるには間違いなく小松菜奈だし、特に派手な演技をしているわけではない。そもそも感情の揺れ幅が少ないキャラクターなのであまり表情も変わらずに淡々と進んでいく。
それでも小松菜奈のもつ圧倒的な存在感がその場を支配していて、大泉洋が持つスパイスがピリリと効いてくる、そんな時間だった。

脇を固める役者さんの演技も素晴らしく、特にあきらの親友役を演じている清野菜名は難しい心の揺れ動きを上手に表現していた。
個人的にすごく良いな、と思ったのはあきらの母を演じた吉田羊だ。
ぶっちゃけそんなに出番は多くないのだが、母親という役の愛をしっかりと感じることができる演技はさすがだった。

ひとつ残念なのは、恋は雨上がりのように、というタイトルに対する言及が少ないように感じた点だ。
どうしてこの作品にこのタイトルをつけたのが、が少々わかりにくい。原作は漫画なのだが、そこであった表現が一部削られているためだとは思うが、そこがもう少しわかりやすいと響いてくるタイトルになったように感じた。

さゆかな的オススメポイント

・冒頭の小松菜奈のヒーローポーズ!
・ファミレス内でのカメラワーク
・大泉洋の冴えない中年男性の表現方法(くしゃみの仕方、ティッシュの取り方)など
・17歳女子にとっての部活動が占める世界の割合
・片思い中のあきらちゃんの行動がイチイチ可愛い!
・結構クスッとするセリフ回しがある
・頭に中ぐちゃぐちゃになっちゃって落ち込んで、怒って、忙しい感情表現
・大人の世界と子供の世界の描き方
・お母さんめっちゃ分かってるー!!
・大人と女子高生のほろ苦い付き合い方
・主題歌が大変エモい

まとめ

大泉洋ファンの私にとっても非常に満足度の高い映画でした。
片思いでしんどい思いをしたことがある私にとっては、わかりみが強い作品でした。
女子高生の狭い世界、色々知ってしまった大人の世界、ぐちゃぐちゃな名前のつかない感情。それらが詰まっ作品なので、ぜひ見てほしいです。

今回観た映画

恋は雨上がりのように