エージングでイヤホンを育てる?!

ライフハック

先日新しいイヤホンを購入したんですが、その時旦那ちゃんに言われたのが「エージング」をしてイヤホンを育てると良いということでした。
どうやら新品のイヤホンを音鳴らしするとより本領を発揮するのだとか。
どうやってやるのか、はたしてその効果のほどは?!

スポンサーリンク

エージングで自分のイヤホンを育てよう

こんにちは、さゆかなです。
先日、イヤホンを新調しました。実はカナル式イヤホンが苦手なのであんまり数がないんですよ。なので、カナル式じゃないイヤホンを見かけたら即買いしてしまいます(笑)

このイヤホンシリーズすごく可愛いのと種類がめちゃめちゃ多いのでよかったら見てみてください!
HappyPlugs

新調したイヤホンを見た旦那ちゃんが、イヤホンはきちんと「エージング」した方が良いとアドバイスをくれました。
旦那ちゃんはアニソンDJですからね、私よりも音響機材には数倍うるさいです。なのでおとなしく従ってみることに。
今回はその紹介と効果の実証記事です。

エージングとは

そもそも「エージング」とは、新品のヘッドフォンやイヤホンに音を流し振動版を動かすことで「音慣らし」をさせることです。
慣らし運転のようなものですね。

しかしこのエージング、実は科学的な根拠はないのだそうでやり方も人によって様々。うーん、半信半疑(笑)

エージングのやり方

とりあえず効果があってもなくてもネタにはなると思い、イヤホンのエージングを試してみることに。
やり方として共通しているのは、イヤホンに音を流して振動版を動かすということだけ。
流す曲や時間は結構バラバラです。

今回は、エージング用音楽として布教している「ピンクノイズ」という音を流してみようと思います。
ピンクノイズは高音域につれて音量が下がるようにできているノイズで、これを流すと高音域での音割れが少なくなるらしいです。
探してみるとYouTubeにありました。

旦那ちゃん曰く一晩でも結構音が変わる、とのことだったので10時間版を再生しながら就寝してみることにしました。

エージングする前の音

エージングする前の音も一応聞いておきましょう。実際に聞き比べてみないと分からないですからね。
高音帯が分かりやすいのでデジタルサウンドがおすすめと言われ、手元にあったデジタルサウンドの曲を再生してみました。

お、おぉ?
音が固い、というかとげとげした感じがします。
なんというか音がシャリシャリしていて聞いてると疲れそうです。
以前のイヤホンで聞いた時はこんなことなかったので、新品に変えた影響だと考えられます。

エージングした後の音

一晩ピンクノイズを聞かせたイヤホンで昨日と同じ曲を再生してみます。

あれ?音が痛くない…?
デジタルサウンドの突き刺さるような感じが弱くなり、丸くなったというか、耳障りが良くなったように感じます。
おぉ、すごい。音割れのようなシャリシャリ感も消えてます。
これがエージング効果…!!

エージング実証結果

という訳で今回のエージングの実証に関しては、一定の効果があったといわざるを得ません。
私も試してみるまでは半信半疑でしたが、ここまでデジタルサウンドが聞きやすくなると昨今増えているEDM系の音楽を聴くときにも役に立ちそうですね。

ただ、劇的に音が良くなった!とかそういう感じはしませんでしたので、やはり音を良くするには高いイヤホン・ヘッドフォンを買うべきだと思います(笑)

エージングに興味が出たあなたにはこちら

エージング用CD

今回試したイヤホン