死にたい気持ちを抱きながら生きている理由

心の話

多分、高校生になってからだと思う。
私はふとした時に「死にたい」と思うようになった。
テストで赤点を取った、部活動で成績が出ない、人間関係がうまくいかない
ちょっとしたことが、世界の終わりのように感じられて、泣きながら、死にたい気持ちと眠りについていた。

誰かに相談することもできず、スクールカウンセラーは予約でいっぱい。
もちろん家族になんて言えなかった。
死にたい気持ちを抱くなんて、なんて自分はダメな子なんだろうと思っていた。

きっかけはよくわからないけど、高校生の私に、死にたい気持ちは常につきまとっていた。

実際に行動に移したわけではない。
せいぜいカッターナイフの刃を見ていたくらいだ。
死にたい気持ちが強くなるほど、私は泣き、疲れて眠る。
その繰り返しだった。

それは大学生になっても、社会人になっても続いていて、ふとしたきっかけで飲まれそうになってしまう。
死にたいのに、死のうとしたことはない。
そんな矛盾を抱えながら、長い間そうして生きてきて分かったことも少しある。

世の中にはたくさんのストレスがある。
人に会うこと、働くこと、貧しいこと、空腹なこと。
たくさんのストレスが積もり積もって、自力ではどうにもならない壁になった時、私は死にたくなる。
リセットしたいのだ。
一度フラットに戻したくなる。

積み上がった、膨れ上がった問題を一度綺麗にしたい。
やり直したい。
逃げたい。
その気持ちが、死にたいという気持ちに乗り移ってしまっているのだ。

今はいい。
まだ積み上がった壁から逃げる道が残っているから。
けれど、いつか、本当に、逃げ道が全てなくなった時、私は死ぬのだろうか。

そんなことを考えながら、今日も眠る。
死にたい気持ちを抱えながら。

心の話

Posted by sayukana