ゲームは人生を変えたりしないけど楽しくはできる

ゲームの話

こんばんは、初めてやったゲームはスーパーファミコンなさゆかなです。
父がゲーム好きだったのでファミコンもスーファミもありました。
小学校低学年の時にポケモンが発売され、私はそれからずっとゲーム大好きで生きてきています。
大人になってもゲームなんて…って思われがちですがゲームがあったことで乗り切れたことも多いです。
そこで、私のゲーム遍歴をちょっと書いてみようと思います。

子どもの頃は任天堂中心

小学校の頃、ポケットモンスターが発売されて爆発的人気になったことを受けて、我が家にもゲームボーイとポケットモンスターがきました。弟がいたので赤と緑の両方買うことができたのは大きいですね。
今は懐かしの通信ケーブルもあって姉弟や友人間で交換しながらポケモン集めに夢中になっていました。

小学校高学年の時にNintendo64が発売され、父が好きだった「ゼルダの伝説」シリーズや、従姉妹と死ぬほど遊んだ「マリオパーティ」など色々なシリーズを遊ぶようになりました。友人と遊ぶときはコントローラー持って集合!という感じ。
マイコントローラーをなくさないようになまえシール貼ったりしてましたね(笑)

もちろんポケモンブームも続いていて赤・緑に加えてピカチュウ版、金・銀・クリスタルと購入。
途中で発売されたゲームボーイカラーやポケットピカチュウも購入するほどポケモン大好きでした。

ポケットピカチュウってこんなゲーム

中学生から徐々にプレイステーションを遊ぶように

中学になると遊ぶゲームの層も上がってきて、父が単身赴任中に購入したプレイステーション2で遊ぶようになりました。
少し前に発売された任天堂のゲームキューブもやってましたが、プレイステーション2が主流になってきました。
テイルズオブシリーズやドラゴンクエスト5など、本格的なRPGにハマるようになっていきました。
ストーリーを追うのが好きなのは本好きだった自分の性なんですかね(笑)

任天堂からはゲームボーイアドバンスやニンテンドーDSが発売されていましたが、我が家は初期型には手を出さずに後継機を購入してました。受験や部活動に忙しくしていたので、この頃が一番ゲームをやってないのかもしれません。

大学生の頃バイト代を貯めて買ったPS3は大活躍!

大学生の時に地デジ化が始まり、父が液晶テレビを買ってくれました。
大学は愛知県だったので静岡より深夜アニメの放送数がとても多く、そろそろ録画機器が欲しいなと思い色々調べると、なんとPS3で録画ができるとのこと。
バイト代を貯めてPS3と録画用のtorneを合わせて購入しました。

せっかくPS3を買ったのでゲームもはかどります。
中学時代から好きだったテイルズオブシリーズやアクションゲームである「ベヨネッタ」などを遊ぶようになりました。

そして大学時代にドハマりしたのは「モンスターハンター」シリーズ!
こちらはPSPでしたが、大学の後輩に教えてもらって部室で何度もやりました。
プレイ時間100時間越えは当たり前という状況でしたね(笑)

そして近年は再び任天堂へ

ニンテンドー3DSの発売は結構衝撃的だったと記憶しています。
今でもそうですが新しいゲームの発表会はわくわくしますね。たぶん皆さんの感覚だとアップルの新製品発表会のようなものでしょうか。
社会人になってもゲームはお友達、とは言え3DSは特にほしいゲームがなかったのでしばらくスルーしていました。
しかし、年末に任天堂から「ゼルダの伝説仕様の限定版」が出ると発表され、どうせ買えないだろうと高をくくっていたら案外するすると購入ページまでたどり着いてしまいあっさり購入。

せっかくなのでゲームも購入。
もちろんポケモン白・黒やモンスターハンターもやってましたよ。
その他に印象的だったのは絶体絶命都市3。
大災害が起きた街からいかに脱出するか、というゲームなんですがこれが妙にリアルで面白かったです。

そして昨年発売されたNintendo Switch。
発売前からすごい注目を浴びていましたがゼルダの伝説以外にやりたいものもなく、Splatoon2が出るまでに買えればいいや~と思っていましたが、全然予約できなくてあらゆる販売店に張り付いて熾烈な予約争いを繰り広げていました。
こちらも発売から1年が経ちましたが、ゼルダの伝説やMinecraft、マリオオデッセイなど本当に楽しませてもらっています。

ゲームで人生は変わらないけど、人生を楽しくはできる

とまぁ、約2000文字も使ってゲーム遍歴をざざっと振り返ってみましたが、ゲームをやってたから人生が変わったというようなエピソードは残念ながらありません。
でも今までずっと続けてきた唯一の趣味であり、本当に人生の要所要所で楽しませてくれています。
たぶんこれからもゲームの進化は続くと思いますが、白黒ドット絵から3Dカラーまで派手に発展していく過程を一緒に年を取りながら見てきたのは貴重な体験だったと思います。

落ち込んだ時や鬱で仕事ができなかったときも、ゲームだけは続けて来れました。ゲームをクリアする快感と寂しさは何歳になっても味わいたくなります。これが本当の趣味なのかもしれませんね。

あ、そういえば任天堂とSONY(プレイステーション)以外のゲームに触れていないですね。
セガサターンやドリームキャストなどもありましたが我が家ではあんまり刺さるゲームがなかったんですよね…。