漫画原作がアツイ!2017年秋アニメおすすめ5選!

アニメの話

こんにちは、さゆかなです。
先週末から体調を崩して床に伏していましたが、今週からは復活です!
寒くなってきたのであったかくしたい、そんなときは熱いアニメに限ります。
今期は漫画原作が熱いと思うので、ちょっとご紹介します。

2017年秋アニメは漫画原作がアツい!

2017年10月から放送開始の、いわゆる2017年秋アニメ。
実は漫画原作の作品がとても多く、どれも面白い展開になってきています。

アニメの原作と言えば、ライトノベルやゲーム、オリジナルなど幅広いですが漫画のアニメ化も多いですね。
漫画は連載中からアニメが始まることも多く、原作との違いやアニメならではの雰囲気が楽しめるのが魅力です。
今回はそんな漫画原作の秋アニメを5つご紹介します。

ブラッククローバー

漫画のアニメ化と言えば「週刊少年ジャンプ」
ブラッククローバーは2015年から同誌で連載されている魔法ファンタジー作品です。
魔法がすべての世界で魔法が使えない少年「アスタ」の成長を描いたジャンプらしい作品で、ライバルの「ユノ」との関係性もまた素晴らしいです。
声優さんも豪華なメンバーで熱い内容に仕上がっているのでオススメです。

クジラの子らは砂上に歌う

秋田書店の「月刊ミステリーボニータ」にて連載中の作品。
砂の海に囲まれた世界で、「泥クジラ」と呼ばれる漂流船のような外界との接触がない場所で暮らす人々が初めて外界の人間と出会ったときに物語は始まります。
とにかくストーリーが引き込まれます。民族的な雰囲気が好きな方は特に楽しめると思います。
ミステリーなので、切なく、悲しい部分も多いですがそれでも先が気になる作品です。

宝石の国

講談社の「アフタヌーン」にて連載中の作品。
遠い未来、かつて存在した生物が「宝石」になった世界で巻き起こる強くてもろくて美しいアクションファンタジーコミックです。
宝石が人型で動き回るという擬人化ものかと思いきや、戦闘や友情や巻き起こる騒動のひとつひとつがとても美しく描かれています。通常のアニメとは異なりCGをメインにしていますが、とても相性が良いと思います。
主人公は硬度も弱く、靭性も脆く、28人いる宝石たちの中でも落ちこぼれと言われる「フォスフォフィライト」
豪華な声優メンツ、迫力ある3DCGは必見です。

魔法使いの嫁

マックガーデンの「月刊コミックブレイド」および「月刊コミックガーデン」にて連載中の作品。
生まれつき人ならざるものが見える体質で家族にも疎まれていた日本人「チセ」が異形の魔法使い「エリアス」と出会い、彼の弟子となることで世界の美しさを識っていく物語です。
今期の私のイチオシ作品です!妖精や精霊がもつロマンティックな面と非情な面を壮大なBGMとともに描いており、涙なしでは見られないお話もたくさんあります。それでもなお、美しいと感じられるのが凄いですね。

ネト充のススメ

漫画アプリcomicoにて連載中の作品(2017年12月12日現在長期休載中)
会社員生活に疲れた30歳独身の盛岡森子は、脱サラしてニートになりネトゲ生活で充実する「ネト充」生活をスタート。ネトゲの中では男性キャラである「林」を使って、優しくて頼もしい仲間と過ごしていくうちに、リアルにも変化が訪れて・・・?
私がcomicoの中でもかなり気に入っていた作品だっただけにアニメ化されると知った時は大変うれしかったです!
あらすじだけ書いてると脱サラニートのネトゲ話とか面白いの?という感じですが、これが結構きゅんきゅんしちゃうラブコメなので必見です!

アニメも原作も楽しみたい

というわけで、さゆかな的漫画原作アニメのおすすめでしたー!
気になった作品はありましたでしょうか?

他にも「3月のライオン」や「血界戦線&Beyond」「鬼灯の冷徹」など、一度アニメ化してその続きをまたアニメ化して放映しているものもあります。鬼灯の冷徹は原作を買うくらい大好きです。
アニメから入って原作を読んでもいいですし、原作を読んでアニメを見るのも楽しいですよね。
今期のアニメもいよいよクライマックス!
冬休みはこたつでアニメが一番!