周りが怖い自分は厳しい。

心の話

こんにちは、さゆかなです。
実は先週、体調不良で会社を早退してしまいました。
そのことで土日は悶々としていたのです…。

体調不良で早退した

正確には寝不足だと思うんですが、なんとか朝は起きたものの、全然頭が働きませんでした。
これではいかん!と自動販売機でエナジードリンクを飲んで見ても一向に効かず…。
お昼休みは寝て過ごしました。

しかし午後になってもあまり回復しなかったため、指導役の方が気を使って早退させていただきました。

早退したことより、不真面目な自分に腹が立った

実は、この前日はライブの日。
帰りは日付を超えており、寝たのは丑三つ時という完全に自己責任の寝不足だったのです。
前日にライブに行くことは指導役の人にも話していたので次の日に体調不良なんて、ライブで楽しみすぎて仕事できません、という社会人にあるまじき行為を宣言しているようなものでした。

私はそれが悔しくて悔しくて、たまりませんでした。

早退した日からずっと月曜日が怖かった

ライブに行って体調不良で早退した、というとても恥ずかしい行為をしてしまい、私はとても怖くなりました。
まだ勤務開始1ヶ月もたってない新人が何様なのだと同じチームの人に思われていそうで怖かったのです。

呆れられたかもしれません、怒らせたかもしれません、とにかく怖かったです。

せっかく早退したのに気持ちが落ち着かず、余計に塞ぎ込むだけでした。
こうして月曜日に恐怖を覚えたまま週末を過ごすことになりました。

自分に課しているルールが分かった

結論から言うと、職場の人は誰も怒ってなかったし、いじめられることもなかったです。
当たり前といえば当たり前ですが、ひどくホッとしました。

同時に私は、どうしてこんなに怖く感じていたのを考え始めました。
社会人としてしっかりしなくちゃ、新人なんだから信頼関係を作らなきゃ、私が家計を守らなきゃ。
色々と思うところはありますが、一番気になったことは…

これ以上自分の評価は上がらないから、あとは減点方式だ

と考えていたことでした。
減点方式であれば確かに、一度の失敗は命取りです。
でも何故、評価を取り戻すことができないと思っているのでしょう。
自分のことなのに謎ばかりです。

確かに私は、他人にあまり期待しません。いい意味でも悪い意味でもです。
他人のことは気になるけど、気にしたってその人が私を助けてくれるわけではない、と考えています。
だからこそ、最初の印象以上に自分を良く見せられるとは考えていないのかもしれません。

今度じっくり自分と対話してみようかな。

心の話

Posted by sayukana