無駄遣いをやめるために①【30歳までにやりたいこと】

日記・戯言

こんにちは、さゆかな(@tukikagesayu)です。
実は浪費グセのある私は、貯金が大の苦手。
あればあるだけ使ってしまいます…。
でもさすがにそろそろマズイよなぁ…と思い始めた話です。

貯金が苦手です

とにかく昔からお金を貯めるのが苦手です。

中学生の頃、近くの街までアニメグッズを買いに行ったら交通費がなくなり、頼み込んで友人に借りるレベルでした。

さすがに反省し、次からは交通費を確保した上でお金を使い切る姿勢に…。
宵越しの金を持たないのは江戸の粋ですが、将来の蓄えは大事ですよね…。

どうして貯まらないのか考えてみた

どうして貯められないのでしょう?
もちろん、衝動買いやつまみ食いが多いのがいちばんの理由だと思います。

しかも働きだしてからは、職場に食堂がありお昼はそこで済ませているのでついついコーヒーやお菓子に手が出てしまいます。

これはよくありません。
お金をいくら使ったのかわからなくなります。

職場用のお財布を用意した

職場でいくら使ったのか、いくらまでなら使っていいのかを考えて思いついたのがお財布を分けることです。

家計簿をつける奥様のテクニックでも知られていますが、お金は必要用途ごとに封筒やお財布に分けて保存すると、使いすぎの防止になります。

私もさっそくお財布を用意。
社食が安いので1日ワンコインで十分です。月に20日出勤するとして、一万円を予算としました。

お財布を分けると使い切っても問題ない

私のすごいところ?は、きっちり計算して使い切ってるということ。
必要なお金は避けておいて、残ったお金を使い切る!という考え方なんです。

なので、お財布自体が分けてあれば、その中で使い切れるので、残しておかなきゃ…と気を張ることはありません。
最初に用意しておいた一万円は使い切っても問題ないのですから。

給料日に合わせて計画を立てる

お金が貯められない私が、30歳までに貯金をする。
なんだかとっても難しそうですが、小さなことから一歩ずつ、試していこうと思います。
来月あたりに、お財布を分けてみてどうだったのか、感想書きますね。