料理は愛情、の正体見たり。

日記・戯言

こんにちは、さゆかな(@tukikagesayu)です。
今回は、旦那ちゃんと食事してる時の会話から考えたことです。

・自分で作って自分で食べる料理はおいしくない

昔からそうだったんですが、自分で作った料理を自分で食べるってなんだかおいしくない。
味的にマズイわけではなく、味は問題ないんだけど、イマイチなにかが物足りない感じです。

旦那ちゃんに聞いてみると、私の料理は美味しくて好きだって言ってくれるけど、自分では納得できずもやもや。

そういえば、母も同じこと言ってたなぁと思い出しました。

旦那ちゃんは自分で作っても美味しく食べてる

最近は旦那ちゃんが夕食を作ってくれることが多いです。
しかもいろいろと新しい料理にチャレンジするので、味付けが不安なこともあるようです。

しかし私と決定的に違うのは、我ながらうまくできた!と、とても美味しそうに自分で作った料理を食べることです。

自分の料理を美味しく感じられない私にはとても新鮮な反応でした。

自分と旦那ちゃんの料理の違いは、楽しみ方?

自分で作った料理を美味しく感じられない私と、自分で作った料理でも美味しく食べられる旦那ちゃん。

この違いを考えてみると、多分料理をすることに楽しみを見出しているか、の違いなのではないかと思いました。

私が料理をする時は、食事の時間が来たから食べるものを準備しなくちゃ、という義務的な感覚に近いです。
お互いの食べたいもの、好き嫌い、昨日の献立、栄養などなど、考えることはたくさんありますが、あくまで義務的なのです。

ところが、旦那ちゃんの場合は「テレビで見た料理が美味しそうだったから夕飯に作ってみよう!」とか「最近はお疲れ気味だからビタミンたっぷりのスープにしよう!」とか、料理をする前から楽しそうなのです。
義務的に料理をする私とは違い、料理をすることを自分も楽しみ、かつ美味しいものを私に食べさせることを楽しんでいます。

これが、私と旦那ちゃんの違いなのかなぁと考えました。

料理は愛情、その正体は?

料理を美味しくするコツは、愛情だとよく言います。
私はこの愛情は、誰のことを考えて用意したか、だと思ってます。

手料理が良いというわけではありません。
忙しいお母さんが、自分の子どものために料理をしたり、外食したり、コンビニでお弁当を買ったり、その行為そのものが愛情だと思います。

自分で料理をする時、空腹を満たせれば良いと自分にかける愛情が足りなかったように感じます。
旦那ちゃんの分を用意する時は、満腹になってほしい、栄養をとってほしいといろいろ考えるのに、自分のことが疎かでした。

料理は愛情。
まずは料理を楽しむところから考え直して見たら、いつか自分の料理も美味しく食べられるかもしれません。