【ご挨拶】2019年もお世話になりました。

日記・戯言

ご無沙汰しております。さゆかなです。
今年もついに大晦日。
簡単にはなりますが、備忘録を兼ねて色々と振り返ってみようと思います。

自分の生活について

今年は、ここが一番大きいかなと思いますが
何よりも生き延びることを前提とした生活を送っていました。
色々なものを切り詰め、大事にしていたDVDやグッズの大半を売却し、とにかく生活していこう!と必死になっておりました。
おかげさまで無事に年を越せそうなので、あの時の痛みは無駄ではありませんでした。
もちろん、痛みは痛みとしてしっかりと抱えているので、必ずグッズ類は取り戻しに行きます。

仕事について

2018年の10月から週5日フルタイム勤務になって、大きな問題もなく1年以上勤められました。
ひとえに職場の皆様の温かい心がけがあってのことだと思います。
それ以外に気をつけたことを挙げるとすれば、「過度なお客様ファーストをやめた」ことでしょうか。
幸いにも大きなクレームは受けたことがありませんが、接客業をしていれば色々なお客様の対応をします。多分、皆様が考えているより”普通”じゃない人ってたくさんいます。良い意味でも悪い意味でも。
そんななか、どうしてもお客様の方が立場が上に考えられがちなのですが、それっておかしくない?と常日頃思っていたのです。
我々が日々、荷物を発注し店頭に並べ、レジで販売することをしなければ「お客様」になることすらできないのです。
もちろん、お客様に買ってもらわなければ経営は成り行かないわけですから、それなりの礼儀は必要でしょう。
でも、店側が過剰にへりくだったり、余計な気を回したりするのは悪い客をのさばらせます。
ダメなことはダメ、できないことはできない。
そんな子どもに教えるようなことでも、平気で守れない人が大勢いるのです。
だからわたしは、そういう人に対してお客様ファーストをやめました。
きちんとこちらのルールを守って買ってくださるお客様には優しくしますが、守らない人には融通しません。

商品の袋を開けて中を見て、気に入らなかったら売り場に戻したそこのアナタ。
明らかに使ったのに返品してくれと言ってくるそこのアナタ。
子どもが壊しちゃって~と謝りもせずにヘラヘラしてるそこのアナタ。

そういう人には優しくしません。
そう決めて実践してたら、なんだかすごく心が楽になりました。
接客業、好きだけどもっと地位が向上するか、しっかり守られるといいのになぁと思います。

DJについて

2019年はたくさんイベントに出させていただきました。
年明けは「GAMIST」「げーむえんとりぃ」などゲーソンのイベントにも出させていただき大変勉強になりました。
以降は、レギュラーに昇格したシバリズムやお世話になっている新宿あるけみすたぁ様でのDJを中心にプレイさせていただきました。
今年は初めて公募企画にも応募させていただき、全部で4つ受けました。
公募は色々と考えてネリネリするのですごく大変ですが、すごく楽しかったです。
初めて公募で選ばれたイベントは残念ながら台風で中止となってしまいましたが、これからもDJ頑張っていきます!

今後のさゆかなについて

2020年、わたしの運勢は良くも悪くも活動的なようです。
30歳を迎え、やりたいこと、やっていきたいことが徐々に固まりつつあります。
人間すぐには変われませんが、東京に来て4年。
着実に私は成長していっていると思います。
私に関わってくれたすべての人に感謝をすると同時に、今後のさゆかなの活躍についても暖かくお見守りいただければと思います。
それでは、皆様良いお年を。

2019年12月31日